ja 住宅ローンの団信

JAバンク住宅ローンの団信(団体信用生命保険)、徹底解剖

 

JAバンクの団信審査が不安なら・・・

 

団信不要のフラット35対応、住信SBIネット銀行住宅ローンがオススメ
しかもフラット35でも団信をつけたければ、全疾病保証の新機構団信の加入も可能!

 

さらに!
頭金なしの方に朗報。
頭金無しでフラット35を借りるより、さらにお得に借りれる『フラット35 ミスターパッケージローン』も登場!
3000万円の住宅ローンで、なんと約250万円くらいお得になります)

 

ぜひ、JAバンクと比較してみてください。

 

住信SBIネット銀行住宅ローン

 

 

まずはじめに、団信ですが、一般的には団信というと団体信用生命保険(JAでは団体信用生命共済)のことです。

 

住宅ローンを組んだ方が、万が一死亡や、高度障害状態になった際に、保険で住宅ローンを完済する仕組みです。
現在、ほとんどの金融機関で住宅ローンを組む際に、同時加入が義務付けられています。
ちなみに住宅ローンに保険料が組み込まれているため、別途保険料の支払いは不要です。
(また、フラット35では、団信の加入は不要です。逆にフラット35で団信の加入を希望する場合は、別途保険料を負担する必要があります)。

 

ちなみにそういう仕組みの保険のため、いざという時の保険金の受取人は債務者ではなく、金融機関になります。

 

 

団信がカバーできない範囲とは?

 

JA住宅ローン 団信 

 

団信はあくまで、死亡、高度障害状態になった際に適用される保険です。
そのため、病気、怪我などの場合は保険対象外のため、住宅ローンの支払は続きます。

 

ガンや重度の病気にかかった場合は仕事もできませんし、その状態で住宅ローンを払い続けることは非常に難しいですよね?
そういった場合にも対応できるように近年では住宅ローンサポート保険という、よく耳にする、
『3大疾患』、『7大疾患』、『9大疾患』など対応している保険に別途加入できる住宅ローンも多いです。

 

JAバンクでは9大疾患に対応した、『9大疾病補償付住宅ローン』もあります。
これは、9大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中・高血圧症・糖尿病・慢性膵炎・肝硬変・慢性腎不全・ウイルス肝炎)により所定の状態と診断された場合、対象の住宅ローンが全額返済されるカバー範囲の広い保険です。

 

ただ、やはりどんな病気でどんな症状になるか分かりませんから、最初に説明しましたように住信SBIネット銀行の新機構団信のような全疾病保証のほうが、やはり安心です。

 

 

 

JAバンクの団信は?

 

一般的に相当高額な住宅ローン(5000万円以上)や住宅ローン申込者が相当高齢(50歳以上)でない限りは、告知書のみで健康診断結果などは不要の場合が多いです。
これは、団信が病気やケガの場合は保証対象外だからです。

 

ただしJAの場合は、3000万円以上の住宅ローンや、40歳以上で住宅ローンを組む際に健康診断結果表が必要になる例が非常に多く、上記ラインをクリアされていない方は、団信の審査が厳しいことを、あらかじめ心に留めておく必要があるでしょう。

 

 

 JAバンク住宅ローンのデメリット

 

  • 組合員でない場合、光熱費などの支払いはすべてJAに変更する必要があります。
  • 各エリアごとのJAバンクごとに金利などすべて異なるために、来店しないと詳細が分からない
  • 勤続年数3年以上
  • 9大疾病保証をつけるには50歳までに住宅ローンを組むこと、および3000万円以上の借入の場合は医師の診断が必須

 

 

 

借入額、申込時の年齢、健康面など、審査に不安がある方は・・・

 

JA住宅ローン 団信 

 

上記のようにJAバンクにも良いところはあるものの、何事も一長一短でメリット、デメリットはあります。

 

以下、JAバンクの住宅ローンのデメリットをカバーする、当サイトオススメの住宅ローンをいくつかご紹介します。

 

 住信SBIネット銀行

 

ネット専用銀行のため、無駄な経費がかかっておらず、他の金融機関の住宅ローンと比べて、非常にお得度が高いです。

 

最初に説明したように、全疾病保証(フラット35でなければ団信、全疾病保証 無料です!)。

 

団信、全疾病保証 無料
ローン契約書の署名、捺印 不要。印紙代0円!
保証料0円。
一部繰り上げ返済手数料0円。
返済口座への資金移動0円。

 

ネット銀行でなければ実現できないコスト削減のオンパレードです。
ちなみにネット銀行ですので、申込書の記入、郵送などわずらわしい作業もなく、ネット経由で簡単に申し込むことができます。

 

なにはともあれ、まずは住信SBIネット銀行公式サイトで詳細情報を確認してみてください。

 

住信SBIネット銀行住宅ローン

 

 

 

新生銀行パワースマート住宅ローン

 

新生銀行のすごいところは、なんと審査が1回でスムーズ
また、住信SBIネット銀行と同じく諸費用が安い(保証料、団信、団信介護保険料、一部繰り上げ返済手数料などが0円!)。
さらに、一般的に借入額の○%などで決められている事務手数料が定額!
(通常108,000円:安心パック利用)

 

公式サイトでは『先輩たちの告白』として実際に住宅ローンを組んだ方たちの体験談も多数掲載されており、必見です。

 

新生銀行住宅ローン 公式サイト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

             メニュー

 

 

・ja住宅ローンとは団信など優遇がある

 

・ja住宅ローンは数十万円の減税や団信など

 

・ja住宅ローンの団信は物件によって

 

ja住宅ローンとは団信など優遇がある

jaバンクのja 住宅ローンや農協、銀行の住宅ローンなどというのは、ホームローンと呼ばれることもあります。要するに家などを買うためのことになります。色々と優遇込みで考えるべきローンになります。

 

優遇とは減税もありますし、団信など保険に加入したり場合によっては金利が優遇されることもあるでしょう。どちらにするべきか、というよりはどちらも得られることもあります。また、とても重要なこととして一部でも繰り上げ返済をするようにしましょう。繰上げ返済の効果は言うまでもないことでしょう。

 

利息の支払いを少しでも減らすことに貢献してくれます。それがまさに魅力的な部分になるでしょう。手間はかかりますし、そもそも生活に負担があることではありますが、繰り上げることによって結果的に楽ができる、ということになります。団信に加入すれば将来の不安も減りそれがまさに魅力的な部分になるといっても過言ではないでしょう。

 

jaバンクのja 住宅ローンなどというのは本当に大きな金額を借りることになりますから、利息は半端な金額ではないのです。それが少しでも減らせるわけです。

 

ja住宅ローンは数十万円の減税や団信など

JA住宅ローン 団信 

 

ja 住宅ローンなどの住宅ローンを借りることによって、数十万円程度の税金の控除を得られる場合もあります。しかし、これもキチンと申請をして、ということになりますから、その点はよく理解しておきましょう。

 

どうすればよいのか、というのは銀行などの金融機関の人が知っていますから、それは心配することはないでしょう。

 

住宅ローンとは最長で40年くらい、短いのはいくらでも短くできます。最短で一年、ということもあるくらいです。どのくらいの期間、借りることになるのか、というのはよく考えておきましょう。当たり前ですが長ければ長いほど利息を支払っていくことになりますから覚悟しておきましょう。

 

 

住宅ローンとはかなり大変な目的ローンである、というのをよく理解しておきましょう。ja 住宅ローンなど住宅ローンを少しでもお得に団信など無料でついてくるものを増やし借りることができるようにしたほうがよいでしょうから、控除ということにも目を向けるべきであるといえるでしょう。それこそが大事なことになるでしょう。

 

ja住宅ローンの団信は物件によって

 

ja 住宅ローン や農協などの住宅ローンとは物件によって様々な特別金利を用意してもらうことができるようになります。また団信などの保険が無料で付くこともあります。ですから、まずはどんな物件を購入することになるのか、ということから考えるようにしたほうがよいでしょう。そうすることによって、少しでもお得に借りることができるようになります。

 

はっきりいって相当に高い金額を借りることになるでしょう。つまりは、それだけ金利から受ける額面が相当に大きくなるわけです。少しでも安く借りることができるような団信無料など特別金利サービスがあるようなところから借りるようにしたほうがよいでしょう。

 

そうすれば少しは負担が軽くなるようになります。物件によって違う、というのは価値になります。つまりは、何かあって接収することになっても売れると期待できるような物件であればよいのです。

 

買う物件自体もそうなのですが別の物件を担保できるとなりますと意外とさらに金利を安くしてもらうことができる可能性があります。回収できる見込みが高くなるからです。